ロゼレム飲んで寝る子は育つ

不眠症を改善するために

不眠症を改善するために手軽にできること

不眠症の改善は薬の使用だけでなく、生活習慣の改善でも行えます。ここでは不眠症の改善のために手軽に行える事を幾つか紹介します。

できることから始めていき、不眠症を解消してみましょう。

入浴

不眠症を解消する方法の中でも、最も手軽な方法として入浴による解消方法があります「。入浴を行うと自律神経の副交感神経が過剰に働き、優位になりやすくなります。

そして熱いお湯に入ってしまうと今度は自律神経が過剰に刺激されてしまうため、眠気が無くなります。

最も適切タイミングとしては、食後1時間以上経過した段階で温めのお湯に入るとよいでしょう。

また、就寝の直前に入ってしまうと眠れなさの原因となるため、睡眠の1時間前を目安に入浴するようにしましょう。

カフェインを避ける

次に注意すべきことはカフェインの摂取です。カフェインは脳を覚醒させ、活動を活発にする働きがある物質です。睡眠の直前は勿論ですが日常生活の中でカフェインの過剰摂取を行ってしまうと脳が活動を継続したままになり、眠気が訪れにくくなります。

そのため、カフェインの摂取量は可能な限り低くするように心がけましょう。

適度な運動

不眠症の改善を行うためにオススメできる方法として、適度な運動があります。

運動にはストレスの解消や自律神経の調節といった睡眠のために必要不可欠な効果が多数あります。定期的に適度な運動を行うようにすれば、快適な睡眠がとれるようになります。

眠る前にスマホは触らない

就寝直前のスマートフォンの使用は不眠を引き起こします。理由としてはブルーライトによる意識の覚醒等が挙げられますが、それ以外の原因としてはスマホの画面に集中し脳が興奮してしまい、身体がリラックスし睡眠に適した状態に移行しなくなるといった理由があります。

就寝の直前はスマートフォンを触らないように注意するようにしましょう。

良質なマットレス

不眠症対策を行ってもうまく眠れないという時には、一度マットレスなどの寝具を見直してみると良いでしょう。

寝具が身体に合っていないと身体は不快感を覚え、眠ろうと思っても眠れなくなります。

そのため、マットレスを体にあった沈み込み過ぎず、かといって反発し過ぎない物に変えるなどの工夫を取るようにしましょう。

自分にあった枕

寝具繋がりで見直すべきものに枕があります。枕に頭を載せて眠る際には、首に対して負荷をかけずにリラックスできるような適切な高さの物を選んで使用する必要があります。

枕を選ぶ際には高すぎず低すぎない、自分の頭の大きさや首、肩の形にあったものを選んで購入するようにしましょう。

まとめ

不眠症はロゼレムなどの薬を使用しても治療することができますが、それと同時に生活習慣の改善を行うことにより、更に優れた治療が可能となります。

毎日の生活を見つめなおし、眠れる生活を意識して送りながらロゼレムを使用し、つらい不眠症を治療しましょう。