ロゼレム飲んで寝る子は育つ

ロゼレムのジェネリック医薬品

ロゼレム(先発薬)について

有効成分としてラメルテオンを配合している先発薬として、ロゼレムというメラトニン受容体アゴニストがあります。

ロゼレムは日本の製薬会社、武田薬品工業株式会社が製造しており、錠剤の形などは直径約7mm、厚さ約4mmと非常に小さい橙色に近い黄色をした錠剤になります。

有効成分としてラメルテオンが配合されており、1錠につきラメルテオンが8mg使用されています。ロゼレムの薬価は場合によっては若干の変化をしますが、平均すると1錠あたり85円ほどの価格で処方されています。

通常の睡眠薬などの医薬品と比べても平均的、場合によっては少々高いもしくは安いといった価格になります。

販売価格などはそこまで過剰に高いというわけではありませんが、長期的な使用を考えるとなると価格がネックになるという人も多く居ます。

そういった人は、一度ロゼレムの有効成分であるラメルテオンを配合した医薬品に「ラメルテオンタブレット」というものを使用してみると良いでしょう。

ラメルテオンタブレットについて

ロゼレムを基に作られたジェネリックの医薬品に、ラメルテオンタブレットという製品があります。このラメルテオンタブレットはインドのサン・ファーマという製薬会社が作るロゼレムのジェネリックです。

錠剤の形は基となったロゼレム同様うすい黄色の錠剤で、有効成分としてラメルテオンを8mg配合しています。配合されている成分などに差はなく、効果もロゼレムと同様のものである事がわかります。

ラメルテオンタブレットの販売価格は購入の際に利用する通販サイト等によっても変化しますが、100錠で5,500円前後という通販サイトが多い傾向にあります。1錠あたりの価格は約55円から高くとも60円前後となっており、基となったロゼレムと比較し30円から20円程安くなっています。

長期的な服用を行う場合は発生する負担額を先発薬であるロゼレムを視ようした時よりも数千円から数万円ほど安くした上で、不眠症も改善できるようになります。

ジェネリック医薬品とは

ラメルテオンタブレットはロゼレムを基にして作られたジェネリック医薬品です。

このジェネリック医薬品というのはどういうものかというと、これは先発薬と呼ばれる「特定の成分を使用し世界で初めて製造された」医薬品を基に作られた後発の医薬品です。

例えばロゼレムの場合、有効成分としてラメルテオンが8mg配合されている医薬品です。

このラメルテオンという成分を医薬品という形に整形し、世界で初めて販売した医薬品がロゼレムになります。

ラメルテオンタブレットのようなジェネリック医薬品というのは、この先発薬のデータを基に、有効成分などの物質を先発薬と同量配合し作られています。

ラメルテオンタブレットにはロゼレムと同じく8mgのラメルテオンが配合されており、服用時には同様の効果が現れるようになっています。

以上のような摸倣によって作られているジェネリック医薬品ですが、非常に大きな違いとして薬価の差があります。

薬の販売価格というのは医薬品の開発までに必要となった時間と費用によって大きく変化します。

先発薬のように0から1を生み出す際には10年単位の時間と多額の開発費が必要となるため、薬価が高くなります。

しかしジェネリックの場合、1として発売されている物を真似て作られているだけのため、開発開始から1年前後で販売に至ることができ、必要となる開発費も数億円掛かるかどうか、というような非常に少ないものになっています。

薬価自体が非常に安く設定され、購入時の負担も非常に少なくなるのです。