ロゼレム飲んで寝る子は育つ

ロゼレムと他の睡眠薬を比較

数多く有る睡眠薬

睡眠薬と呼ばれる医薬品には非常に多くの製品が存在しており、製品ごとに使用されている成分やそれに伴う分類の違いといった、非常に多くの違いがあります。

ここでは睡眠薬に使用されている成分とそれら成分毎に発生する違いなどを紹介します。

不眠症の改善を行う際には自分の症状に合ったものを使用するのが重要となるため、もしこれから睡眠薬を使用してみようかと悩んでいるのであれば、どういった成分の薬があるのかを知るところから初めてみましょう。

ベンゾジアゼピン系

初めに紹介するのはベンゾジアゼピン系と呼ばれる分類の睡眠薬です。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は縮合したベンゼン環とジアゼピン環というものを中心に作られる化学構造を持っているという特徴がある医薬品です。

このベンゾジアゼピン系の睡眠薬は脳内のベンゾジアゼピン受容体と呼ばれる興奮に関係する受容体に対して作用し、脳の興奮を抑制します。

その結果、脳が興奮して眠れないという時にもベンゾジアゼピン系受容体が刺激され、脳の興奮が抑制されると眠気が現れるようになり、正常に睡眠が取れるようになります。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬には非常に多くの製品がありますが、効果が最も強い時点のちょうど半分になる「半減期」がどれくらいの時間で訪れるかという判別法で、更に4つに分ける事ができます。

半減期までの時間が最も短いものから順番に超短時間型、短時間型、中時間型、長時間型となります。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の特徴として、非常に強い効果があると同時に依存性や離脱症状の強さが挙げられます。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は服用時の量を正常にコントロールしながら服用しなければ、薬に対しての依存症を発症してしまう、服用を中断した際に身体の震えといった離脱症状が現れるようになります。

したがって、ベンゾジアゼピン系睡眠薬を服用する際には服用する量などに対して注意を払いながら使用する必要があります。

超短時間型

超短時間型の睡眠薬は服用後1時間から2時間ほどで効果が最も強くなり、その後2時間から4時間ほどで効果が弱まる半減期が訪れるという特徴のある睡眠薬です。

超短時間型の睡眠薬は不眠症の中でも入眠障害と呼ばれる寝付きの悪さが特徴的な症状の改善に使用されます。

ベンゾジアゼピン系に該当する睡眠薬の中でも特に有名な超短時間型の睡眠薬としては、ハルシオンがあります。

ハルシオンは有効成分としてトリアゾラムという成分を使用した医薬品で、服用後2時間から4時間、平均すると2.9時間ほどで半減期を迎えます。

副作用として一過性前項健忘症と呼ばれる症状や抗コリン作用、過剰摂取による呼吸の抑制、依存症やベンゾジアゼピン離脱症候群といった非常に危険な症状を引き起こすことがあります。

そして突然の断薬を行った場合、幻聴や視覚認知障害などの精神疾患を引き起こす事も判明しています。

また、依存症や離脱症状などが原因で起こる薬物の乱用率で見てもこのハルシオンは乱用率が高いということが判明しています。

ハルシオンを服用する際には細心の注意を払った上で用法用量を守り、服用をやめる際にも徐々に服用量を減らすなどの工夫を行うなど、注意しながら服用を開始する必要があります。

短時間型

次に紹介するのは短時間型の睡眠薬です。

短時間型の睡眠薬は超短時間型のものと比べて半減期を迎えるまでに必要となる時間が長いという特徴があります。

製品によっても時間は異なりますが、短いものでも4時間から6時間、長いものになると12時間近い時間が必要となります。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の中で、短時間型に該当する成分としてはミダゾラム、ブロチゾラムといったものがあります。

ミダゾラムはドルミカムという名称の医薬品に使用される医薬品で、一般的に睡眠薬としての使用ではなく麻酔前投与剤や鎮静剤として静脈注射されます。

ブロチゾラムはレンドルミンという名称で販売される睡眠薬で、服用後2時間半から7時間ほどで効果が切れる、短時間型睡眠薬です。

非常に強い効果があることから、ミダゾラム同様麻酔前投与剤として使用されることもありますが、こちらは主に不眠症の改善を目的に使用されています。

ブロチゾラムも他のベンゾジアゼピン系睡眠薬同様、急激な服用量の現象や長期間の使用によってベンゾジアゼピン離脱症候群や依存症を発症することが知られています。

したがって、服用の際には用法用量を守りながらの使用を心がけるなど、注意をする必要があります。

中時間型

3つ目に紹介するのは中時間型の睡眠薬です。

中時間型の睡眠薬は中間作用型や中間型など非常に多くの呼び名がある睡眠薬ですが、この製品は服用後12時間以上24時間以内と非常に長時間効果が持続するという特徴があります。

中時間型の睡眠薬は短時間型や超短時間型のように入眠障害の使用には適しておらず、眠りについてから現れる不眠の症状を改善するのに有効といえます。

具体的な症状としては、眠りについてから目が覚める中途覚醒、本来起きるべき時間よりも早い時間に目が覚めてしまう早朝覚醒という症状があります。

これらの症状は眠ることは可能だけれども意識の覚醒が頻発し眠れなくなるという特徴がある症状です。

改善の際には睡眠薬の効果を利用し意識を覚醒状態から睡眠状態に移行しないようにする必要があります。

そうすることにより、効果が続く間は意識が眠ったままとなり、効果が切れると自然に目覚められるようになります。

中時間型に該当するベンゾジアゼピン系の睡眠薬としては、エスタゾラムやフルニトラゼパム、ロルメタゼパム、ニトラゼパムといった成分があります。

具体的な製品名としてはユーロジン、ロヒプノールやサイレース、エバミールやロラメット、ベンザリンなどがあります。

長時間型

最後に紹介するのは長時間型の睡眠薬です。

長時間型の睡眠薬はその名称の通り、服用後半減期が到達するまでの時間が非常に長く、24時間以上経過しなければ効果が半減しないという特徴がある睡眠薬となります。

服用時の効果としては入眠障害といった寝付けないという症状を改善するよりも、眠っている状態から意識が覚醒してしまう中途覚醒や早朝覚醒の改善に使用されることが多くなります。

また、これらの症状を改善する以外にも長時間型の睡眠薬は精神的な症状を改善する際に用いられる事があるなど、多様な使い方がされるものが多い傾向にあります。

長時間型に該当するベンゾジアゼピン系の成分としてはクロキサゾラム、フルラゼパム、クアゼパムといったものがあります。

これらのベンゾジアゼピン系の成分はどれも服用後効果が24時間以上経過しなければ半減せず、長いものになると100時間以上経過して初めて半減したというデータが残っているものもあります。

長時間型の睡眠薬を使用する際の注意点として、長時間型のものは薬の有効成分が長く身体に残ります。

副作用の発生率が高まる恐れがあるなど、使用時に注意すべきことが非常に多くあるため、治療で使用する際には十分な注意を払うようにしましょう。

非ベンゾジアゼピン

次に紹介するのは睡眠薬の分類の中でも「非ベンゾジアゼピン系」と呼ばれるものになります。

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬はベンゾジアゼピン系の睡眠薬で使用されている成分と同等の効果をもっているという特徴があります。

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬はベンゾジアゼピン系と同じ様な使用感で服用可能となっています。そして大きな違いとして「化学構造の違い」があります。

非ベンゾジアゼピン系の成分はベンゾジアゼピン系のものとは全く違った化学構造の持った物質となっています。

服用時に発生するベンゾジアゼピン系特有の副作用等は少なく、それでいて使用効果に関しては同様もしくはそれ以上の効果が得られるようになっています。

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬として販売されている物の多くは超短時間型と呼ばれる種類の睡眠薬になり、効果の現れ方も急激なものではなく、緩やかなものになります。

これは非ベンゾジアゼピン系の成分の特徴が関係しており、ベンゾジアゼピン系のように服用後急速に効果を発揮させるのではなく、ゆるやかに効果が現れるように作用することが関係しています。

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬はどれだけ効果が強くとも睡眠薬の中では中程度の症状改善効果、それも超短時間型で改善可能な入眠障害の改善効果しかなく、中重度の不眠症に対しては効果を期待することはできません。

超短時間型

非ベンゾジアゼピン系に該当する超短時間型の睡眠薬に使用される成分には、3つのものがあります。まず1つはゾルピデムです。

ゾルピデムはマイスリーという睡眠薬に使用されている成分で、服用時には脳に対して作用し眠気を誘うという、ベンゾジアゼピン系と同様の効果を発揮します。

ゾルピデムの効果は既存のベンゾジアゼピン系と比較をしても同等、高くとも若干の高さがある程度で、ほぼ同等のものとなっています。

次にエスゾピクロン、このエスゾピクロンはルネスタという睡眠薬に使用されている成分です。ルネスタの特徴として、服用時の苦味が少ないという特徴があります。

睡眠薬の中には身体に吸収され、代謝される過程で発生する代謝産物の影響で唾液が苦くなるなどの副作用が現れる場合があります。

この苦味は1回あたりの摂取量が多いことから発生する副作用なのですが、エスゾピクロンを配合したルネスタは服用量が少ないように調節されているため、この苦味の症状が弱くなっています。

最後にゾピクロンです。ゾピクロンはアモバンという睡眠薬の有効成分として使用されている物質です。

ゾピクロンは非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の中でも効果が強めな睡眠薬になりますが、難点として副作用の苦味が強いという点があります。

苦味の発生理由に関してはエスゾピクロンで説明したとおりですが、ゾピクロンは1回あたりの服用量が多いため、服用時に副作用として苦味が現れやすなっています。

ロゼレムの効果

次に紹介するのはロゼレムという睡眠薬です。

ロゼレムは睡眠薬の中でも非常に特殊な製品で、ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の製品とは全く違った作用の仕方をします。その関係から効果の現れ方に大きな違いがあります。

ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬というのは、服用後スイッチを切り替えたように、急激に眠気が発生します。しかしロゼレムはそういった急激な眠気ではなく、自然な眠気が発生したようなゆっくりとした効果の現れ方をします。

また、ロゼレムは服用後1時間から2時間ほどで効果が半減する半減期を迎えます。通常の睡眠薬と比べてもこのロゼレムは服用後効果が切れるまでの時間が早く、翌日まで効果が残るなどの副作用が起こりにくくなっています。

こういったゆっくりとした眠気を発生させるような効果を持っている睡眠薬を「メラトニン受容体作動薬(メラトニン受容体アゴニスト)」と呼びます。

有効成分ラメルテオン

ロゼレムに使用されている成分は「ラメルテオン」という名称の成分です。

このラメルテオンは「メラトニン受容体アゴニスト」と呼ばれる成分の一種で、体内にあるメラトニン受容体を作動させるような働きがあります。

まずメラトニンというものがどういった物質かの簡単な説明をすると、メラトニンは脳の松果体と呼ばれる部位で作られるホルモン物質で、自律神経の働きを調節する働きがあります。メラトニンが正常に稼働していると睡眠や意識の覚醒の切り替えが正常に行えるようになります。

ラメルテオンは身体に吸収されると、体内で「MT1受容体」「MT2受容体」「MT3受容体」という3つの受容体のうち、MT1とMT2に対して作用し、受容体を作動させます。

MT1とMT2は睡眠に対して非常に重要な働きをするもので、MT1は催眠作用、MT2は体内時計の調節を行います。

この2つの需要体がラメルテオンの作用によって稼働すると、まず身体がメラトニンの分泌によって眠気が発生した時のような、体の自然な仕組みによって眠気を発生させるようになります。

そしてそれと同時に、体内時計が周囲の環境や自分の身体の様子などに時間を合わせていくようになります。

その結果、服用をし始めてからは眠気がラメルテオンの作用によって発生するようになりますが、最終的には体内の自然な働きでメラトニンの分泌量をコントロールし、自然と身体が睡眠を欲するようになっていきます。